はじめまして。
HUOMIOオーナーの和田 由華と申します。

HUOMIOは、2018年11月1日に新規オープンした、北欧&バルト雑貨のオンラインショップです。

ショップ名の「HUOMIO」はフィンランド語で「注意」という意味で、注意や注目を促す言葉です。
少し強い意味にもかかわらず、フィンランド語ならではの柔らかい語感があり、
そんな優しくて柔らかい、大好きなフィンランド語の店名をつけました。
皆様に、ふと注目していただけるようなショップを目指していきたいと思っております。

まずは自己紹介としてショップオープンの経緯をのお話を...。

私の小さい頃からの夢は、ツアーの「添乗員さん」でした。
運良くその夢を叶えることができ、大学卒業後、ヨーロッパツアーの添乗員として働き始めました。
そして業務でヨーロッパ各国を訪れる中、初めて訪れたフィンランドに一目惚れをしてしまったのです。
フィンランドに恋してしまった私は、「この国と一生関わって生きていきたい...!!」と、もはやいてもたってもいられなくなり、会社を退職し、フィンランドに短期留学へ。(思い込みの激しい猪突猛進タイプなのです。)

留学から帰国後は、北欧を専門に取り扱う旅行会社で13年ほど勤務をしました。
業務&プライベートで北欧各国を旅する生活を送る中、北欧で暮らしている人々の自分らしくのびやかな生活を目の当たりにしてきました。

自分らしく自然体で過ごす、それは当たり前の事ではありません。「どうしたらそんな風に暮らせるのだろう?」と、北欧の人々の「暮らし」に注目するようになってゆきました。

長く関わってゆくうちに、北欧の暮らしのスピードの穏やかさ、優しくゆったりと流れる時間、無口だけれど温かい人々、生活の中にある美しい自然、、大切に受け継がれている伝統、「あぁ、そうか」とストンと腑に落ちてきました。

暮らしには、自分の存在、自然、伝統が当たり前のように息づいており、人々は日々を丁寧に綴っていました。そして、暮らしと共にある「モノ」にも、のびやかに暮らすヒントが溢れていました。

北欧は冬が長く、冬は日照時間も短くなります。必然的に家の中で過ごす時間が長くなりますが、その時間をいかに快適に過ごすか、いかに家の中のインテリアや身の回りのモノで「明るく・気持ち良く」演出するか、北欧の人々はこういった条件下で、優れたデザインセンスが磨かれていきます。
北欧デザインを心地よく感じるのは、こういった「長い時間気持ち良く一緒に過ごせる」という軸があるからかもしれません。

日々の暮らしの中に「手仕事」や「伝統」が当たり前のように存在している事、それも北欧らしさです。

店番をしながら編み物に没頭するおばあちゃん、市場で伝統的なチーズを誇らしげに売る女の子、工房で黙々と工芸品を作っているおじさん...、それがいかに素晴らしいことか、いつもいつも羨ましく感じています。

そんな北欧の国々、人々、「人の気配」が感じられる雑貨が大好きなのです。

人々の生活と共にある、心地良い雑貨や手仕事をご紹介していくショップになりたい、と願ってHUOMIOを立ち上げました。

皆様の暮らしに永く添っていける雑貨達をご紹介できるよう努めてまいります。

カテゴリーから探す

コンテンツ

ショップについて

HUOMIOオーナーよりご挨拶

「HUOMIO」はフィンランド語で「注意」という意味で、注意や注目を促す言葉です。

当ショップは皆様にふと注目していただけるような商品のご紹介を目指しています。

北欧やバルト現地で出会い買い付けた雑貨達、ぜひ皆様に魅力をお届けしていけたら幸いです。